<< 新年の挨拶 | top | 新春ないとめああ >>

信用形成のプロセス

教員にとって、日常業務の範囲を超えたところで何かをがんばることによって、初めて功績があらわれるものだが、そのような努力は報われないことが多い。
価値観の問題であろうが、大概、「子どもに向き合うべき仕事に注力していない」という批判をくらうことになるからだ。

教師という仕事が「聖職」であるのならば、このような考え方がまかりとおってもいたしかたないかとも思う。神父・牧師が、いつ何時であれ、神につかえる身であることを意識するように、教師もいつ何時であれ、子どもに献身すると。

しかしながら、この考え方は現実的であるはずがなく、教師、こと小学校の教師にいたっては指導力だけでなく、人間力とでもいえるような人としての魅力を磨く必要があると私は考えている。なぜならば、幼い子ども達にとって、その年頃にふれあう大人は非常に限られており、その範囲の大人に対して「自分には到達できない大きな」こと・もの・価値などに出会わされるのであるからだ。

勉強以外に遊びも教えるのだと、ただそういったメソッドだけの話ではない。
楽しいことを楽しいと感じられるのは、生まれもった感受性に依存したものではなく、これも学ばれるものなのだと考える。

さて、私が言いたいのは、「教師はもっと遊ぶべきだ」ということではない。
教師が、一人の人間として自分を高めていくための行動が、教師という職の中でもっと信用されていくべきだということに加え、教師は信用形成のプロセスをきちんと見据える必要があると言いたいのだ。

一昔前の「教師は聖職」とされていたときのような、無条件的な信用は、とっくに存在しておらず、第三者評価が必要な時代に入っている(学校としての話だが)。

しかしながら、「信用されている相手のことは信用する」という、前提的な信用を必要とする一種の甘えは依然として根強くある。それを崩すことは実は相当に困難であるとも考えている。すなわち学校という場で現在子どもに与えているのが「無条件絶対的信用」が前提にあり、信用形成のプロセスは教育されていない現実があるのだ。

矛盾しているようだが、この点について一度反省をしてみて、
「このような行動が、信用につながる」ということを事例化し、それをまた同時に教育にもいかしておくことをすすめる。

信用失墜行為の禁止など、信用を失うことは法令に定められているとしても、そんな消極的な姿勢ではなく、信用を高めるための行動がなんであるか考えてみるのはよいことだ。そして、周りは、教師の行動が子どもに直接的であるもの以外でも評価する視点を確実にもっていくことがよいと考える。
後記

>「無条件絶対的信用」が前提にあり、信用形成のプロセスは教育されていない現実がある

というのは語弊があった。
いわゆる道徳的な教育としてはなされていると言えるが、体験的な学習が組まれていないのだ。


無条件信用というのは、規範意識の低下を招く要因となる。
例えば、消費者金融のCMがそれである。
はじめは、「条件なしに10万お貸ししますよ」というようなうたい文句でとにかく金を貸していた。もちろん、条件なしのような場合ほど高利貸しなシステムとなっているのだが、うたい文句を鵜呑みにした人たちがどんどんお金を借りていくことになった。
要するに無条件というのは、判断力を必要としないのだ。だから無理な借り入れが続出し、返済ができなくなった人が破産をし、消費者金融は破綻をする。
ご存知の通り、今のCMでは、無理な借り入れをしないように、メッセージを発信するものばかりとなっている。
(当たり前の話だが、消費者金融業者は、人を不幸にするために商売しているのではなく、高利貸しによって儲けるためにやっているのだ。)

何をやっても先生から認められる
過ちをおかしても、安易に許される

たとえ授業時間に教師が一般化した信用形成のプロセスを説教したところで、現実に体験されるものが異なれば、子ども達は信用を得るための行動を学ぶことは非常に困難だろう。
hybris | Spice | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
アリスト メダリスト 1L用 16袋
アリスト メダリスト 1L用 16袋 (JUGEMレビュー »)

クエン酸の他にもビタミンなどがよく配合され、飲みやすくしかも疲労回復や体調を整えるのに優れています。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS