<< 疲れが・・・ | top | すこぶる調子いい >>

こんなこというのも難ですが

読書感想文って、何の意味があるんでしょうね。

本のあらすじをだらだら書いてしまう失敗例はよく目にしますが、はっきりいってしょうがないのではないかと。

まず、読書感想文がカリキュラム上にきちんと位置づけられていない。ゆえにきちんと書き方を学校で教えていない。

感想だから、なんでもいいはずだけど、何でもはよくない。つまり感想文を書ける本と書けない本があると言ってよい。

感じたことや思ったことを書くから感想文なわけで、考えや主張が入ってきたら感想文の域をこえてしまうと思う。
ということは、学校が課題として出すような量800字とかって、相当難題ではなかろうか。

読書感想文の「よい」とされるものは、
本を読んで自分の人生とか考えに影響をあたえたことを書くこと。
自分の実生活やらと比較して、「この本からこういうことを知り(考えさせられ)、これからはこうしていこうと思う」みたいのがよいとされていますよね・・・。

でも、
「この本に書かれていることは、日頃考えていることと同じで、その通りだと思った」
のであれば、それでおしまいだし、
「共感できるところはなかった。」ということもあるだろうし。
いや、本の読解ならばね、自分の感覚とずれていようがなんだろうが読み取る事はできるでしょうけどさ。感想文なんだから・・・。

日頃から、自分と波長のあう本を見つけ、読む習慣が完全に身に付いていなければ、なし得ないのではないでしょうかね。
hybris | Spice | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
RECOMMEND
アリスト メダリスト 1L用 16袋
アリスト メダリスト 1L用 16袋 (JUGEMレビュー »)

クエン酸の他にもビタミンなどがよく配合され、飲みやすくしかも疲労回復や体調を整えるのに優れています。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS