<< 食べられない | top | 賢いカードの選び方 >>

リボリボって、うるさくない?

ここのところ、クレジットカード会社のリボ払いへの誘導に血眼だと思いません?

中には新規契約するときに、「リボ1回払い」とかいって、分割しようがしまいがリボ払いという仕組みにいれこもうとしているものもあるようです。

私の感覚では(日本人の多くはそうだと思いますが)、
限度額いっぱいまで使うこともなければ、そもそも決済日に引き落とせない額を購入したりしないので、
そう滅多に分割払いなど利用する人はいないだろうと。

一体なぜ、クレジットカード会社はそんなにリボ払いさせたいのかを考えてみました。
真実というより、私見ですよ。


クレジットカード会社の収入は
・年会費
・加盟店からの手数料
・リボ払いなどの金利手数料
ですよね。

また、クレジットカード会社の主な支出は
・決済事務手数料
・ポイントなど会員に還元されるもの
・保険やラウンジ使用料など会員向けサービス
・広告費
・設備費
・人件費
などなどでしょう。

ここのところ、年会費無料のクレカが多い上に、加盟店手数料にしてもポイントなどでユーザーに還元される割合が多いでしょう。
と考えると、残りはやはり金利手数料だのみになるのではと。

ところが、改正貸金業法により金利は上限20%となりましたので、このままだと相当の収入源になってしまうのでしょう。
なので、今まで以上に多くの人にリボ払いを利用してもらわなくちゃいけないわけです。


・・・というのが、実は一般的な考え方ではないかと。

でも、これだけじゃないんじゃないかって。

総量規制を逆手にとっているのではと。
総量規制とは、個人の借り入れの合計(住宅ローンとかはのぞく)が年収の3分の1までになるというもの。
これはキャッシング枠には適用されますので、実際に借り入れがなくっても総量規制の対象になります。
つまり、借り入れみなしがあるものも規制対象になるということだから、クレジットカードは今までよりも何枚も持つことはできなくなるということではないでしょうか。
(もちろん、キャッシング枠が全くなければ持てるだろうけれど)

リボ払いは、支払いを長期化させますから、簡単にクレカを解約しにくくなるでしょう。
リボ払いにしてもらうことによって、会社の収入を安定化させるとともに、他のクレカ会社に会員が逃げないように囲い込んでいると。

囲い込みが成功したら、この後は年会費をかけてくるんじゃないかと思います。
もちろん、「永年年会費無料」なんてうたっているカードから、年会費をとることはできませんから、グレードアップしたカードをラインナップして、そちらへ誘導しようとするのでしょう。

ここのところ、ゴールドカードもあふれかえってますものね。


結局まとまりませんが、
「ポイントアップ」とか「年会費無料」とかで即日発行をうながすクレカ勧誘が街中でたくさんあるけれど、むしろ今はカードを整理すべき段階であって、家に眠っているカードなどはさっさと解約したほうがよいということです。
リボリボ攻撃にまどわされず、使いやすく、自分のニーズに適ったカードを選んでいくことが大事なようですね。
hybris | Water | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
アリスト メダリスト 1L用 16袋
アリスト メダリスト 1L用 16袋 (JUGEMレビュー »)

クエン酸の他にもビタミンなどがよく配合され、飲みやすくしかも疲労回復や体調を整えるのに優れています。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS