<< 能力の差にどう立ち向かうか | top | 死の島 >>

気が狂う

自分の気が狂う夢をみました。

いやあ、これは恐い夢というより、相当いや〜な夢ですね。苦い。



朝起きて、もう出勤しなくちゃって時間。

家を出て、鍵を閉めているときに、横からフラッシュが2回くらいたかれる。

「誰だ?しかも何で?」と思いながら、見てみると、知らないおじさんがこっちをじっとみてる。

自分が変なかっこうをしているのかと、自分を見てみると、
ショッキングピンクのスーツを着ていた(しかもその上から黒いコート)。

でも、このとき自分では、「これはまずい!」と思っておらず、
「う〜ん、やっぱりこれじゃあダメなのかなあ?」という程度の判断。

仕方なく家に入り、スーツを着替えることに。

ところが、着替えている途中にインターホン。
みると、さっきのおじさん。

「なんですか〜?」

あけると、すかさず玄関に入ってきてしまい、
家の契約がうんたらすんたらと言ってきました。

親もいないので、分かる範囲で対応するしかないと思っていたけど、
ずかずかとあがってきて、ふとんの上にねっころがりながら
「ここの家のインターネットは、光か?ADSLか?」
などと聞いてくる。
その後、この家はADSLが適しているのだっていうことをごちゃごちゃ延々と話される。

そこで、
「やばい!時間が!!」
となる。

なんとすでに遅刻の時間。
慌てて電話をかけようと、携帯を取り出す。

ところが、なんか指がうまくうごかないのか、目がぼやけているのか、
キーがうまく押せず、違うところにかけてしまう。

このあと、何度やってもかけられない。

なぜだか混乱しながら、「じゃあ、家の電話でかけよう」と思う。

ところが、家の電話は、キーがおかしなことになっている。
数字が書かれているキーは3こくらいしかなくて、他は白くなってしまっている。
しかも、テンキーの位置も変。

いつの間にか、知らない女の人が横にいて(妹?!)、
一緒に見てくれるんだけど、
「う〜ん、これは難しいね」
って・・・。

気づくと、すでに1時間目の授業が始まっている!
「やばい!やばすぎるっ!」
と焦る。
かろうじて、1時間目は算数で、もう一人の先生にまかせておけるかもしれない
とも思いつつ、とにかく今は早く電話をかけなくちゃと思う。

最後にとりだした、iPhone。これなら大きくはっきりとタッチできる。
・・・はずなのに、押している時から意識ももうろうとしてしまい、うまく押せない。
そうこうしているうちに、画面もゲームみたいな他の画面になっちゃうし。

涙目になっていると、母親が横をとおりすぎる(あれ?いたの??)
「お願い・・・押して」
とお願いをする。

電話がつながった時点で、これまでのいきさつを話しているときに、
そのあまりの奇妙さに、不可解な点が多すぎることに気づく。

どう伝えたって、これを信じてもらえるわけもなく
それどころか、冷静に考えてみれば、自分自身がおかしいと気づく。

どうも錯乱状態の様子。

はっきりいって、自分の気が狂っているなら、これまでのいきさつを話して
あわてて職場に行き、仕事をすることじたい、危ない。

「どうして、こんなことになったのか?」
と何度も問いただしたり、
「遅れてでも、連絡せずに、さっさと職場にむかったほうが早かったのでは?」
とか、
「だいぶ時間も遅れていたし、職場から家には電話はかかってこなかったのか?」
とか、
もう、どうにもならないこと考えてました。


ようやく、目が覚め、ほっとした私。
昨日、2本目の親知らずを抜き、顔に左がわがギンギン痛んでいました。
目の裏とか、頭まで痛いんですよ。
早く痛み止め飲もう・・・。
hybris | Bitter | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
アリスト メダリスト 1L用 16袋
アリスト メダリスト 1L用 16袋 (JUGEMレビュー »)

クエン酸の他にもビタミンなどがよく配合され、飲みやすくしかも疲労回復や体調を整えるのに優れています。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS