職場をよくしたいと思うのって、、、

私が今もっている、子どもへの愛情。
それと同じレベルの愛情を職員に向けられたら、もっと職場は変えられるんじゃないかと思う・・・こともある。

でもそうはできない。
どうしてかなあと考えた。

目的がちがうんだな、多分。
責任よりも、目的の問題だと思う。

教育者として、子どもが人格の完成をめざしていけるように支援することは責任として重いし、だからこそ真剣に何をどう指導していくかを考える。
でも、そういうことぬきに、本源的な愛おしさがあって、むしろそれは責任をまっとうするための支えとなっている。

要するに私は子どもを大事にしたいから大事にしているのであって、それに敵うものはないのである。

職場を変えたいと思うのだって、私がどんなに頭で職員を大事にしようと思っていても、結局それは「しよう」と思ってやっている時点で本源的ではないのだ。

子どもを大事にしたいから子どもを大事にするのは本源的な目的。
子どもを大事にしたいから職員を大事にするのは目的的目的。

hybris | bittersweet | 01:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

存在価値

「存在価値」なんてものは、もともとあるものではない。
あって欲しいと願う人がいるというだけだ。

「価値」を人に獲得してもらうことによって、自身は「存在価値」を与えてもらえるのだ。

真に「存在」していることに価値を見出してもらえる場合もあるし、
役立つという価値を与えることによって「存在価値」を見出してもらえることもある。

自分で自身の「存在価値」を見出すことも可能である。
なぜならば、「価値」は利他に限定されるものではないからだ。
自身が自身の何かしらに価値を見出すことができれば、次にその価値をもつ自分自身に価値があることを認識すればよいのである。
しかし、人間社会では「自己満足」という、自身で自身にのみ適用される価値を「低い」とする言葉が在る。
したがって、人間社会に生きている人間にとって、自身で「存在価値」を見出すことの方が困難であるとも言える。

JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学
hybris | Water | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

テスト投稿

ブログシステムの移行をしてから、ずっと放置してあって、いつの間にかログインすらできなくなっていましたが、復活したのでテスト投稿です。
移行完了していれば、投稿できるはず。

もう一つのテク用のブログと統合した記憶。
hybris | Water | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

経験の浅い先生の育て方

 若い先生というと、最近はそうでもありません。
団塊の世代が抜けて、同じようなことがおこらないように、年齢別に採用をしている自治体があるからです。
50歳で新採用なんてこともあるのです。

という前置きをしてから、
経験がまだ浅い先生を、どう育てていくかという話。


この手の話をすると、必ず
「若い先生は、休み時間は外に出て子どもと遊びなさい」
「自分のクラスのことをしっかりやりなさい」
って言われたもんだという昔話が出てきますが、
今の学校はそういきません。

ただ、校務がいかにあろうが、やはりクラスの子どものことを第一にしてほしいのは変わりありませんし、それは経験年数に限らずそうです。
具体的に、どのようにしてクラスの子どもを大事にするかということを教えていくことが、そういった先生を育てる主軸です。

やり方はいろいろですね。
価値観を押し付けるのも一つ。
自分の実践を伝え、その通りに実践させるのも一つ。

私のやり方は、おそらく「厳しい」と感じられています。
経験が何年目かにもよるでしょうが、基本的に私は順番を決めています。

まずはクラスの子どもたちについて語らせます。
これは、その先生が子どもをどういった目で見ているかが分かるからです。
例えば、特別な配慮を要する子について、肯定的にみているのか、否定的にみているのか、あるいは自分がどうかかわっていけばよいか悩んでいるのかなど。

次に、そういった子どもたちを、どう変えていきたいのかを問います。
ここでは、その先生の見通しが分かります。
長期的な見通しなのか、中期なのか、短期なのか。

ここまでは、あまりに言葉につまれば例示もしますが、原則きちんと言語表現させます。
私がその先生と子どもとのかかわりを観察し、語られることがおおよそ分かっていてもです。
指導には、「改善案の提示」がありますよね。ですが、いきなりこちらから全てを語ってしまうと、場合によっては頭ごなしに聞こえてしまいます。大事なのは、その先生の思考から紡がれる言語をいかし、その先生の思考に寄り添った表現で納得していってもらうことにあると考えています。(子どもにも同じです)

まだ、指導には入りません。
見通しのスパンによって、どのような段取りをもっているか、例えば中期的な見通しの中での短期的な見通しの持ち方などについて確認をします。そして、具体的にはどのような手をうっていこうと考えているのかを問います。
経験年数の浅い先生は、こういった手立てが少ないから困ってしまうのだ・・・と思われるでしょうが、そんな簡単なことではありません。むしろ先の二つがないから、仮に手立てを複数もっていても空回りしてしまうというのが多いです。
実態のみとりかた、見通しのもちかた、そしてそれに合った手立ての講じ方がかみ合うかどうかが重要なのです。

私がここまでを語らせるのは、その先生自身の成長を保障するためです。
だって、この流れこそが、教師のやりがいではないですか。
「こうしたら上手くいく」と教えられて、その通り上手くできてうれしいのは、子ども以外でやるべきです。
なぜならば、私たちの仕事は、子ども達をあやつる仕事ではないからです。子どもを育てる仕事だからです。


さて、手立てについて語ってもらったところで、私なりの判断をします。
私だってまだまだ若輩ですが。
それでよければ、「いいね」と言えるし、「加えて、こういうことも見ていくと」とか、「加えてこういうことも言ってあげると」とか言えます。
先輩として、その先生が語った見通しと手立てでは立ち行かないと判断すれば、一度問い返します。
「その手立てで、子どもが本当にそのように変わる?」と。
すなわち、より具体的な説明を要求するのです。
ここで語れれば語ってもらいます。ただ、ここで詰まることは多いです。
そこで、ようやく私は具体的な例示をします。
今度は、その先生に私が説明をするのですね。
説明量はケースによってずいぶん変化しますが。。。

大事なのは、先生自身の納得です。
子どもにどうなってもらうことが大事なのか。そしてそのためには、どういった手立てを講じることができるのか。加えて、そのことに自分なりに見通しがもてるのか。
納得することで、自信をもって子どもに向き合えるはず。


たとえ見通しが甘かろうが、手立てがおかしかろうが、目の前の子ども達に真剣に向き合っている先生には、敬意をもっています。
逆に言えば、たとえ経験年数が自分よりも上でも、上滑りした手法でちょろまかしている人には容赦しねー。

あ、言葉遣いが乱れてしまった。
hybris | Water | 01:01 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

よい小学校教師の見つけ方

 保護者のみなさん

お子さんの担任の先生はよい先生ですか?

「よい」にはいろいろとあるでしょう。
自分にとって都合が「よい」ではないですよ。

子どもの成長によい教師。


その担任の先生はどんな先生なのか、そして子どものために、自分はどのようにかかわっていけばよいのか、、、せっかくの担任の先生なのですから、上手にかかわりをもち、子どもの成長のたすけとすることが大事ですね。


・夢を語れる教師か?

子どもを育てるという仕事をしている人です。
夢を語れるというのは漠然としているようですが、とても大事です。


・手立てのある教師か?

夢を語るだけでは教育ではありません。
こういう勘違いをしている大人がたくさんいるようですが、たとえば道徳の時間にしたって、先生がありがたい説法をするわけじゃあありません。

子どもを育てるのに、具体的な取り組みがあることが大事です。


・子どもを肯定的にみている教師か?

しからない、あまい先生ではないですよ。
子どもを肯定的にみている先生は、子どもを褒めることができる先生です。
回数や頻度ではありません。実をともない、子どもの達成感・成就感を認めることが大事です。
適当に「すごい」とかいうのじゃないです。
厳しくもしっかり指導をされ、子どもががんばりぬいたとき(子どもが自分でも特にがんばったと実感しているとき)に、何が素晴らしいのかをきちんと言葉にして認める先生です。
価値付けができる、といいます。


つづく
hybris | Sault | 00:24 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
1/64PAGES | >> |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
アリスト メダリスト 1L用 16袋
アリスト メダリスト 1L用 16袋 (JUGEMレビュー »)

クエン酸の他にもビタミンなどがよく配合され、飲みやすくしかも疲労回復や体調を整えるのに優れています。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS